居酒屋にまつわるエピソード

最近の居酒屋さん、個室もあるのでした。

居酒屋さん、気楽な雰囲気、気さくに通えるお店と思えるようなお店と思っています。私、個人的にはご主人がカウンターの中で炭焼き料理を。そして奥では、奥様が包丁を使った料理とか炭焼き以外の料理を作る。こんな店が好きで30年近く通っているお店があります。当初は、街の真ん中にあり、多くの人で流行っていたのですが、忙しいことに疲れたと言い、今度は町外れの住宅街に引越ししてしまいました。それでもかまわず、われわれ常連と呼ばれる客は、そこまで追いかけていくのでした。それだけ、店の雰囲気と味に惚れ込んでもいたのでしょう。また、料理にそれなりの美味しいとことと、ご主人と奥様の人柄も良いことが、われわれ常連を引き付ける魅力があったと思うのです。そんな小さなお店が好きな私たちも、時には大勢で飲み食いをするときがあるのです。そんな時は、このような小さなお店では逆に迷惑をかけてしまうと、大きな居酒屋さんへ行くことになるのです。

最近のこの大きな居酒屋さん、下手をすると冷凍食品の山のお店に当たる時があるのです。全国チェーン店などでは、よくありえるのでした。こんな時は、ちょっと興ざめの気持ちにもなってしまうこともあるのです。やはり居酒屋さんなどは、その地方の雰囲気をもたらして欲しいと思うのです。それは、北海道にいて、九州にいて東京の味を望んではいないと思うのです。そんなことを考えると、残念な気持ちにもなって来ることもあるのでした。ですがこの手の居酒屋さん、良いところもあるのです。サービスには、目一杯頑張っているようです。サービスが悪いとお客は、来ない!と言われているのでしょう。物の味よりサービスに目が行くこともあるのです。また個室が増えたことも良いことかも知れません。以前の居酒屋さんには、考えられないのが個室です。個室は、料理屋さんまでの格上げが必要と思っていたのでした。居酒屋さんでも上司の悪く口や内緒話しが出気ることも、大変良いことと思います。時代は、変わったのでしょう。