居酒屋にまつわるエピソード

京都の居酒屋において京野菜の漬物を食べる

各地の名物があります。ですから、旅行に行ったときは、必ずといっていいほどそれを買うことになります。最近は、スイーツが名物になることが多くなっています。スイーツでしたら、比較的日持ちがしますから、お土産にもちょうど良いということです。よっぽど甘いものが苦手という人以外であれば、たいていの人は食べてくれるものです。当たり外れのない名物お土産として、購入することが多くなります。それ以上の名物がある場合は別になります。

京都といいますと、なんといってもお漬物が有名です。お漬物といいますと、日本においては各地にそれぞれのものがありますが、こちらにおいては、さらに独自のものがあるということです。それが商品として全国に出回っているということもあります。ですから、普段食べているものの中にも、こちらで作られているものがあるかもしれません。それぐらい一般的なものということができます。市内の漬物屋には、観光客でいっぱいになっていることもあります。

そんな漬物の良いところとしては、京野菜を使っているというところがあると思います。かぶらを使ったものであれば、きれいな白の漬物を食べることができます。ナスであれば、紫が非常にきれいです。こちらの居酒屋においては、付け出しとして出されることもあります。これは非常に貴重な一品です。これとは別に、注文することもあるぐらいです。お店によっては、漬物で作ったおすしを食べさせてくれるところもあります。歯ざわりが良いです。