居酒屋にまつわるエピソード

私がアルバイトをしていた居酒屋ではもつ鍋が一押しでした。

私が昔アルバイトをしていた居酒屋の一押しのメニューはもつ鍋でした。その居酒屋での一番人気でした。確かに私もそのもつ鍋がすごく美味しいと思っています。はっきり言ってそのお店ではもつ鍋くらいしか美味しい料理がありませんでした。基本は炭火焼きのお店であったのでこれといったこった料理はありませんでした。それでももつ鍋だけが本当に人気な料理だったのでよく注文が入りました。しかし、夏はみんな鍋も暑いであまり食べには来てくれませんでした。冬になるとお客さんも増えていました。なんと言っても一押しのメニューがもつ鍋くらいしかないのでどんなにお店を宣伝してもそれだけではなかなかお客さんが来ませんでした。最初のうちは美味しいのでもつ鍋を食べにくるお客さんが多かったのですが次第に味も濃いので飽きるのかお客さんも減ってしまいました。

確かにアルバイトをしていた私でさえ飽きてしまっていたくらいです。もう少し他のメニューにも頑張って力を入れていれば良かったのですがそれもあまりしないマスターだったので仕方ないです。それに平日はお客さんも少なかったのでもつ自体の仕入れも少なくしかしていなかったのでせっかくもつ鍋を食べに来てくれたお客さんでももつがなくて食べれなかった事とかも何度もありました。もう少し考えて仕入れもしていればそんな自体にならずに済んでそれにお客さんももう少し増えたような気がします。器用なマスターではなかったので商売が上手に出来ずに結局お店は辞めてしまいました。